風水に基づいて選ぶ、最適な傘立てとは?

玄関という空間は風水において、もっとも重要な場所のひとつだと言われています。その玄関には幾つかのアイテムが置かれますが、その中でも特に注意して選ばなければならないアイテムが「傘立て」です。

傘には陰気を帯びた水の気を発しやすいという特徴があり、ネガティブな気を強めてしまう恐れのある傘を立てかける「傘立て」は、そのネガティブな陰気を抑止するための重要なアイテムとして認知されています。

陰気を抑えるためには傘立ての素材や色、デザインなどにもこだわって選ぶ必要があります。また、玄関がどの方位に位置しているかによっても選ぶ傘立ての種類が異なってきますので、注意して選ぶ必要があります。

まず玄関が北の方位にあった場合、傘から発せられる水の気のマイナス作用によってで孤立や寂しさ、不安感などのネガティブな影響を受けてしまう恐れがあります。それらを防ぐにはホワイトカラーで素材は陶器、デザインはなるべく長方形の傘立てを選ぶのがベストとされています。

次に玄関が南側に位置している場合、マイナス作用によってストレスが増大したり、感情が抑制できなくなる等の影響を受けることがあります。それらを防ぐにはシルバーやゴールド色、または黄色かブラウン色の傘立てを選ぶのが良いとされています。また、素材は陶器か金属でなるべく背の高い傘立てをチョイスするのがベストだと言われています。

玄関が東に位置していた場合、マイナス作用による影響で過労がちになったりする可能性があります。それを防ぐにはグリーンかオレンジ色で陶器素材の傘立てを選ぶのが良いとされています。

次に玄関が西向きの場合ですが、マイナス作用によって独善的な性格に陥ったり、傲慢になるといった影響を受け易くなります。それを防ぐためにはシルバー色でステンレス素材の傘立てをチョイスし、玄関に置くのが良いと言われています。